2017年9月23日土曜日

今週でナンタケットトリプル。 なオーバルボックスワークショップ


ども! ナベです!


昨日、土曜日は久しぶりの


蒸して曲げて、 オーバルボックスを つくってみよう~


のワークショップ。


IMG_1177


こちらは今回の参加者のお姉さまおふたりが持ってた自作のナンタケットバスケット。

そのクオリティの高さもさることながら、   そ れ よ り も!!!!


私が初めてこのナンタケットバスケットというクラフトを知ったのは、

以前にこのワークショップに参加してくれた方が

「こんなバスケットをつくっていて、なんかオーバルボックスに共通点を感じちゃって」


ということだったのですが・・・



その次に私がナンタケットバスケットを見ることになるのは

また次に開催したワークショップにまたナンタケットのクラフターが!!!

えええ~!そんなことがあるの!?なんて、その時はまだ笑い話。


だったのですが!!



今週参加のIさんとHさんもなんとナンタケットのクラフター!!!  なのでした笑

で、きけばこの計3回のナンタケットさんたちは別にそれぞれ全然知り合いでもない、会ったこともない  と。


ものすごい偶然?  

何かいいこと起こるといいね。


IMG_1176



今回は私も一緒にやって3名で3個の入れ子のオーバルボックスができました。


塗装については家に帰ってから、しっかり乾いてから、それぞれ凝ってやってみましょうと無塗装で終わり。


Hさんは木固めエースを買ってもらいました。

私はガラス塗料塗ってみようかなと。


IさんもHさんもガラス塗料には興味津々!だったので

塗ってみたらまたお知らせしますね。


お疲れ様でした。 また遊びに来てくださいね~


以下、写真よう考えたら自分もつくりながら結構楽しくやらせてもらってたんで

蒸してるとこ、曲げてるとこ、の写真がいちまいもありませんでした。笑


IMG_1163


IMG_1168





2017年9月12日火曜日

くるみのありぐみ



LEIGH(レイ)のダブテールジグのワークショップのご報告。
今回は、北米産ウォールナットと国産クルミ(オニグルミ)の組み合わせで作っていただきました。
同じクルミの仲間でも、色味がずいぶん違うのです。

片側にスルーダブテール(一般的な蟻組・両面に木口が見えるタイプ)、もう片側にハーフブラインドダブテール(包み蟻組・一方の面に木口が見えないタイプ)を削り出しました。オーソドックスな抽斗(ひきだし)の構造ですね。


兎角、難解に思われがちなレイジグ。
そこで、少々厚みのある取扱説明書を思い切ってかいつまんで、ワークショップ用に資料を作成してみました。手順を思い出すための覚書みたいなものです。
まずは上の写真でも紹介している、スルーダブテールとハーフブラインドダブテールについて。



対象機種
LEIGH 12インチ・ダブテールジグ SUPER 12  
LEIGH 18インチ・ダブテールジグ SUPER 18   
LEIGH 24インチ・ダブテールジグ SUPER 24   



加工可能組手
スルーダブテール [蟻組]
B ハーフブラインドダブテール [包み蟻組]  
  B1 バリアブルスペース・ハーフブラインドダブテール [任意で蟻を配置する方法]
  B2 ラベット・ハーフブラインドダブテール [段欠き付包み蟻組]
  シングルパスハーフブラインドテール [同時に21組の蟻組を加工する方法]
ボックスジョイント [あられ組]
スライディングダブテール [蟻溝]
工程
組手
スルーダブテール
B1 ハーフブラインド
1
印付け         (加工時に見える側)
テール
内側
内側
ピン
外側
内側
2
マーキング  
テール
ピンボードの板厚
ビットの刃長(120-811㎜)
ピン
テールボードの板厚
なし
3
ガイドブッシュ
#711C(別売・真円)または
#711C(別売・真円)または
e7(付属品・楕円)
e7(付属品・楕円)
1枚目の加工
テールボード 
テールボード 
4
クランピング
垂直面
垂直面
5
ビット
標準
No.80-8 ダブテールビット(1/2 8°)
No120-8 ダブテールビット(1/2 14°)
その他
(別売)1/4"5/16”・3/8”・7/16” 全8°
(別売)18°・12°・10°(付属)8°全1/2
6
フィンガーアッセンブリー
TD PINS  
HB TAILS
7
目盛
ビットの刃径(No.80-81/2
テールボードの厚さ
8
フィンガーセッティング
両端:ハーフ 残り:任意
両端:ハーフ 残り:任意
9
フィンガー反転
TD TAILS
  ―
10
目盛
ALL
  ―
11
ビットの深さ調整
組手の段差を決定づける
組手のきつさを決定づける
12
切削
バックカットでバリを最小限に
バックカットでバリを最小限に
2枚目の加工
ピンボード
ピンボード
13
クランピング
垂直面
水平面
14
フィンガーアッセンブリー
TD PINS
HB PINS
15
目盛
ビットの刃径(No.80-81/2
テールボードの厚さ
16
ビット
No140-8 ストレートビットまたは
そのまま(ダブテールビット)
#170C スパイラルビット(別売)
17
切削
バックカットでバリを最小限に
木口面なのでバックカットはしない
18
きつさ調整
きつい時
フィンガーアッセンブリーを奥に移動
ビットを引っ込める
ゆるい時
フィンガーアッセンブリーを手前に移動
ビットを出す
19
段差調整
浅い時
ビットを出す
フィンガーアッセンブリーを奥に移動
深い時
ビット引っ込める
フィンガーアッセンブリーを手前に移動



この表だけを見て、決して尻込みしないでください。
やっぱり難解だ、逆効果だ、と言わないでください。
取扱説明書本編はもっと詳しく丁寧で、何しろ分かりやすいイラスト付きです。ただ、その分ページ数が多いので、ポイントをまとめてみたわけです。

とにかく理屈を体感的に理解すれば、さほど難しくはないのです。
そのためにワークショップがあるのです。

まずは9月23日(土・祝)、1席空いてますよ。


「アリ組には興味あるけど、レイジグはちょっと」という方にはより簡易的なこちらもおすすめ。
12インチ・ダブテールジョイントジグ http://www.off.co.jp/item/T_1979.html

ワークショップでレイじゃなくてこっち ⇑ をやってみたいという方もお受けします。






2017年9月2日土曜日

チェンソーカスタム! MS241編


ども!ナベです!

あっという間に夏は去り朝晩冷えるようになりましたね

なんか喉が痛いような…


さて!

こないだプロの林業マンAさんの依頼で組んだMS241Cの325バー35cmバージョン!



本来3/8"Pの241ですが、325のチェンの方が今まで長らく使い慣れてるし、目立ても楽だし…
でも取り回しやすいように可能な限り短いバーで!

ということでこのような↑仕様となりました。



ご相談の冒頭ではどうやら、、「こういうカスタムが頼めるのか?」という感じだったので

意外と知られてないんだなと再認識。


いいんです!

できますよ!

こういうカスタムができるのも、スチールショップならではのメリットですね。

ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。

2017年8月30日水曜日

密な時間




静岡林業研究会・木工部会の皆様がスプーンを刳りにやって来てくださいました。
この度は持ち込み企画で決まったお話なのですが、工房スタイルとしても予てより刳物のワークショップを開講したいと計画を進めていましたので、望むところでした。

持ち込んでくださったのは企画だけでなくて、素材も。



立派な檜の枝です。
とあるお寺の境内に立つ檜だそうで、樹齢も相当なものとお見受けします。

こんなに目の詰まった蜜なヒノキは初めて。
普段専らチェリーやメープルなどの比較的硬い木でスプーンを作っているぼくとしては、ヒノキと聞いて当初は少し肉厚のデザインに変更しようかと思っていたのですが、それは野暮でした。

年輪の一層一層に風雪に耐えた時間がギュッと詰まっていて、見事に引き締まった素材でした。
イチイを彷彿とさせるその肌は、硬いけれど粘りがあって削りやすく、ナイフで新たな面を削り出すたびに光沢が生まれるのです。






通常スプーンを作るときは、万力やクランプでしっかり固定できるように、角材の部分を残しながら、匙のくぼみ ⇒ 後頭部 と削り進め、その後柄の形を切り出すのですが(上写真参照)、今回は時間短縮のためにスプーンのアウトラインを切り出しておきました。
これをクランプで作業台に固定して、やはりくぼみから刳り始めていただきます。


使用した道具を作業順に紹介いたします。




Flexcut KN23 8mm スコープ RH (ライト)
Flexcut KNL23 8mm スコープ LH (レフト)

右利き用・左利き用、という訳ではありません。
素材の形と繊維方向、そして刃を動かす向きなどによって使い分けます。
このスコープナイフは丸刀でありながらストレートナイフのような感覚で使えるのが特徴。
写真ではクランプで固定した作業の様子を紹介していますが、素材を手に持った状態での作業ではさらにそのメリットを発揮します。




モーラ #162S ベントナイフ R15mm



モーラ #164S フックナイフ R12mm

ベントナイフは諸刃(もろは:両側に刃が付いている)で、フックは片刃。
ベントの利点は刃を両方向に動かして削れること、フックは刃の背を指で押すことができること。
スコープナイフと同様、素材を手に持った作業にも適しています。




モーラ #120 ストレートナイフ 刃長 60mm 

80mmのタイプもありますが、刃渡りが短い方が安全性も操作性も高いです。
カトラリーのような小さな作品の場合にはなおさら。




没頭すること3時間。密な時間でした。
形、面取り、逆目ぼれ。
視点が絞られてくると、「もっとよくなるはず」の気持ちが深まり、のめりこむものです。


お好みでオイルで仕上げ



アウトラインが決まっていても、個性はにじみでるものです



できあがった作品は、これからは道具として、新たな時間を蓄積していくでしょう。



2017年8月25日金曜日

1UP ⇑



8月23日に発表されました新商品、工房スタイルでも展示しています。

 POWERMATIC 木工旋盤 4224B (三相200V仕様) 
   ⇑ 3520Bのさらに上を行く最上位機種
 深堀り延長棒(超硬エッジ・ファインカットビット専用    
   ⇑ 届かなかったソコにまで届く
 KERV トリマーベースプレート (マキタ/日立用)     
 KERV トリマーベースプレート (リョービ/ボッシュ用)
   ⇑ トリマーの可能性を高める
 OTORO 着脱自在ペンプレス 
   ⇑ 押すだけでない、引き抜くこともできる              
 Veritas スクラブプレーン + 替刃3種         
   ⇑ 粗仕子鉋として、また、個性的な表面仕上げにも
 KDS メタルバークランプ 150・300・450・600  
   ⇑ にぎにぎすると締まるタイプでメタル
 マグネットレーザーマーカー              
   ⇑ 磁石が付くところならばどこでも
 Titebond 液体にかわ木工用接着剤 272g (8oz) 
   ⇑ 待ちに待ったニカワが再登場


いずれも木工生活をレベルアップしてくれそうなものばかり。
詳しくはオフ・コーポレイションのサイトまで http://www.off.co.jp/
でも、実物確かめたい方はぜひ工房スタイルにお越しください。